AJモード・動作環境

基本的にAdobe® Reader 5.0以上で動作します。(専用のPDFビューアなどをサイト訪問者にダウンロード・インストールしてもらう必要はまったくありません。Adobe® Readerのみで動作します。)
詳細は下記の一覧表をご覧ください。

WindowsWindows 98以上Internet Explorer 5以上
(SleipnirやLunascape、MSN Explorerを含む)

Firefox 1.0以上
Netscape 7.1以上
Opera 9.0以上
Adobe® Reader 5以上
Safari 3.1以上
Google Chrome
Adobe® Reader 7.0.0以上
MacLeopard(10.5.x)SafariAdobe® Reader 7以上
Tiger(10.4.x)
Panther(10.3.x)


また、公式サポート対象外とさせていただきますが、下記の環境(Mac OS9及びLinux環境)でも動作することを弊社環境にて確認しています。(参考情報)
Mac OS 9.2.2 IE 5.1.7※3
IE 5.0
Adobe Reader 5.0
Linux※4 Knoppix 6.0
openSUSE 11.0
VineLinux 4.2
Ubuntu 8.0.4
Firefox 3.0.6 Adobe Reader 8.1.2
Adobe Reader 9.1

 Adobe® Readerの設定で、「Acrobat® JavaScriptが有効であること」「『PDFをブラウザに表示』の設定が有効であること」が必要です。両方の設定はデフォルトでは有効になっています。前者の「Acrobat® JavaScript」を無効にしている人の割合がどれぐらいいるのかは全く不明ですが、PDFファイルにもJavaScriptがあるということさえ知らない人が圧倒的大多数と思われ、ここをわざわざ無効にしている人は非常に少ないと思われます。

なお、「Arobat® JavaScript」を無効にしている場合でも、エラーメッセージのみがPDFファイル内に表示され、本来のコンテンツは表示されません。また、「『PDFをブラウザに表示』の設定が無効である場合」であっても、エラーメッセージが表示されるのみであり、本来のコンテンツは表示されません。

また、Adobe® Reader以外にもPDFビューアは存在しますが、それらのPDFビューアでは、エラーメッセージのみが表示され、本来のコンテンツは表示されません。


 Mac版Firefoxでは、Adobe® Reader自体がMac版Firefoxに対応していない(or Mac版FirefoxがAdobe® Readerに対応していない)ため、不可です。

 HTMLモードとの併用で、保存ボタンのみをピンポイントで隠す機能を利用される場合は、OperaやSafariの場合、「Adobe® Reader 8以上」が望ましいです。

※3 Classic環境でのIE 5.1.7及び5.0(OSXからのアクセス)は、どのPDFファイルであっても表示時にクラッシュします。これは弊社製品で加工する・しないは関係がありません。純粋なOS 9.2.2環境の場合には問題なく表示されます。

また、HTMLモードでは、Mac版IEを全くサポートしていませんので、HTMLモードと組み合わせてご利用になられる場合には、ご注意ください。Mac版IEは動作環境外になります。その他、Mac版IEは、3年以上も前にマイクロソフト社からサポートを中止されており、弊社でも公式的なサポートができません。


※4 Linux環境は、ディストリビューションや個別のユーザーの環境によって、生じる問題もさまざまと思われ、公式的なサポートはできません。ここでの情報は、あくまでも参考情報としてご理解ください。


| ホーム | AJモード(PDFファイルを想定外のサーバ・URLでは開けなくする対策)の詳細 | 
| HTMLモード(保存行為そのものを禁止) | AJモード・体験版のダウンロード | AJモード・よくある質問 |
| AJモードとHTMLモードの比較サンプル  | お申し込み | 会社案内 | お問い合わせ |



© 株式会社プランセス 2009-2009